電源トランス(電磁技術)

チョーク・コイルとトランス

チョーク・コイルの仕組みと働き

電子回路、電源回路には多くのチョーク・コイルやトランスがさまざまな目的で使われ、それぞれ重要な役割を担っています。
チョーク・コイルは受動部品としてインダクタと呼ばれることもあります。
コイルとトランスは銅線を巻いたものという意味で同類に属しています。 しかし、特性は大きく異なり使い方も違います。
「電磁誘導」を使っているという意味で「インダクタンス」という単位で表します。


インダクタンスの単位

コイルの高周波信号の抵抗をインダクタンスと呼びます。
単位は「H:ヘンリー」が基本です。

μH :マイクロヘンリー  1/10×6乗
mH :ミリヘンリー    1/10×3乗


種類と用途

分類名称機能・用途
コイル チョークコイル高周波に対して抵抗の働きをし、高周波を減衰させるのに使う。
高周波用フィルタなど
高周波同調コイル コイルとコンデンサを並列接続し、ある一定の周波数に同調して信号を取り出す。
TVやラジオの同調回路など
バーアンテナ 高周波同調コイルと同じく同調用ですが、内部に挿入するコアを長くしてアンテナと同等の特性を持たせたもの。
携帯ラジオなど
電源用チョーク低周波に対しても、大きな抵抗を示すようにします。
電源ノイズ防止用のフィルタや、平滑回路のフィルタなど
トランス 電源トランス 複数のコイルを同じ磁心に巻いたもので、電圧変換の機能を有する。
交流電圧を降圧あるいは昇圧させるのに用する。
スイッチング電源用
トランス
電源用トランスと同じですが、周波数が高いため小型で効率の良いトロイダルコアを使用している。
オーディオ用トランス トランジスタ回路などでインピーダンスが大きく異なる場合、
伝達ロスを少なくするためにインピーダンス変換用として使われる。